Sports Travel Planning

車検費用に関わる整備内容!自分で選ぶことは可能?

整備内容は見積もりを取って確認

車検費用を大きく左右するポイントとなるのが整備内容です。車検を通すためには多少の整備を行わなければならないことが多く、その内容に応じて車検費用が高くなります。しかし、よく内容を吟味してみると必ずしも整備しなくても車検が通るものが見つかることも少なくありません。まずは業者に依頼して見積もりを取ってみてどのような整備を行うのかを確認するのが大切です。その整備を行うのが適切かどうかがわからないという場合には、相見積もりを取ってみるとよくわかります。他の業者でも同じ整備が必要と判断しているのであれば確かに行わなければならないと考えることができるでしょう。その目的で複数の車検業者に相談してみるのは良い方法です。

十分に相談すれば選ぶことが可能

整備がある程度は必要という場合でも必ずしも全ての整備を行わなくても大丈夫な場合もあります。お金が足りなくて車検ができないという状況になってしまったときには、不要な整備内容を外してもらえるように交渉することも重要です。法律で定められている基準を越えられるように整備することは必須になりますが、それ以外の部分については交渉次第でなしにしてもらうことはできます。ただし、近々整備不良によって運転できなくなるリスクもあるので、その整備を行わないことによって生じる問題についてよく説明してもらうことが大切です。そして、納得した上で整備を延期するようにすれば整備をなくしたことで後悔してしまうことはないでしょう。

車検の費用というのは、車検基本料と法定費用の合計額を指します。法定費用はどこで受けても同じです。しかし車検基本料は、受ける場所やどこまで点検整備するかによって変わります。