Sports Travel Planning

音のイメージが大切!サックス選びのポイント

サックスとはどんな楽器なのか?

世間一般的にかっこいいイメージがあるサックスは、一体どんな楽器なのでしょうか。

サックスは管楽器の一種であり、具体的には木管楽器に分類されます。広い音域に対応することが可能なため、合奏の中ではメロディーを受け持つ場合も少なくありません。また様々なジャンルにも対応できる楽器で、ジャズやクラシック、ポップスなど、色々な楽曲に使われています。またトロンボーンとの組み合わせも良く、サックスの音色をより際立たせることも可能です。

サックスの種類について

サックスはその音色や大きさによって、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4つの種類に分けられています。この中で最も人気があり、実際に使っている人も多いのがアルト・サックスです。大きさも丁度良く、アルト・サックスを使いこなす有名ミュージシャンは全世界に点在しています。また、サックスの中でも最も大きく、重低音を出すのがバリトン・サックスです。重低音部において大切な役割を果たし、音楽に深みを与えてくれます。

サックス選びはイメージが大切です!

サックスを選ぶポイントは、その種類だけではありません。どんな音色を出したいのかというイメージも重要になってきます。今後トライしてみたい音楽の種類や、出したい音色を十分にイメージした上で、最もベストなものを選びましょう。

また色々とサックスを試してみると、持ちやすいと感じたり、使いやすいと思えるサックスに出会えることもあります。しかしながらどんなサックスでも、使いやすさは十分に考慮して作られています。始めは違和感があっても、1ヶ月もすれば全く違和感が無くなるケースも多いです。このため音のイメージに合わせて選ぶのが、最も適切だと言えるでしょう。

何か楽器をやってみたいけど、どの楽器にしようかと迷っている方は、他の管楽器に比べて比較的マスターしやすいサックスがおすすめです。