Sports Travel Planning

初心者の方がまずやっておきたい練習法!基礎をしっかり身に着けよう

まずは正しいアンブシュアを身に着けよう

トランペットを吹く際、避けて通れないのがアンブシュアです。アンブシュアというのは、管楽器を吹く時の口の形の事です。正しいアンブシュアができないと、綺麗な音を出す事ができません。

初心者の方は、この正しいアンブシュアを身につけるために、まずはマウスピースだけで音を出す練習をしましょう。安定した音を出すには、口周りの筋肉が重要になります。マウスピースだけで練習する事で、他の事に意識が取られず、アンブシュアに集中できます。これが正しいアンブシュアというのはなく、どういった唇の形状にするかは、個人差があります。基本的には、口を少し上げて唇の形を保つように意識してください。その時に、自分の中でしっくりくる形があるはずなので、それがあなたにとっての正しいアンブシュアです。

持ち方も上達には大切!

マウスピースだけで音が出るようになったら、次は正しいトランペットの持ち方を身に着けましょう。基本的な持ち方は、右手の人差し指を1番ピストンに、中指を2番ピストン、薬指を3番ピストンに置くのが一般的です。右手の指はピストンを押す事に使うので、右手でトランペットを支えるという意識は必要ありません。ただし、親指に関しては、マウスパイプを支える事になります。この時も、力を入れて支えるのではなく、自然な形で添えるようにしましょう。

トランペットは、主に左手で支える事になりますが、特に重要なのが左手の人差し指です。3番ピストンのシリンダー辺りを左手の人差し指で握り、薬指はトリガーの中に引っ掛けます。この体勢を長時間保てるように、まずは練習してみてください。

ブラスバンドやオーケストラで、トランペットは中心的な役割を果たす金管楽器です。中古品を購入することも可能です。